おやじの気まぐれLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒレナガネジリンボウとテッポウエビの共生

<<   作成日時 : 2010/06/05 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

石垣島北部のとある砂地のポイントにヒレナガネジリンボウというハゼの仲間がいます。

警戒心も強くなかなかうまく撮らせてくれないのですが、今回は今までで一番寄れて、いい感じで撮れたかも。。。。

と、撮影時は思っていたのですが、後で見るとまだまだ寄りも甘いしライトもうまくあたってないと。。。

画像


ハゼを驚かせて巣穴に引っ込めちゃうとアウトなので、少しづつ少しづつ「だるまさんが転んだ」のような感じで、”ほふく前進”しながら寄っていきます。

しかしいつになってもなかなか満足できる撮影はできないもんですねー。その分、リベンジの気持ちが強いので、また石垣島に行かねば!
今度はガイドさんに我がままお願いして、30分くらい粘らせてもらうかなー。


以前も書いたのですが、ハゼ類はエビ類と共生していることが多く、このヒレナガネジリンボウもテッポウエビと共生しています。

ウィキペディアのテッポウエビの説明を見ると、

「天敵から身を守るため、テッポウエビ類は巣穴にハゼ類と共生することでも知られている。テッポウエビの巣穴の入り口にはスジハゼ、ダテハゼ、イトヒキハゼ、ネジリンボウなど、小型のハゼ科魚類が1匹-数匹同居していることが多く、しかもハゼとテッポウエビの組み合わせは種類によってだいたい決まっている。テッポウエビは巣穴の拡張と修理をしてハゼの隠れ家を確保し、ハゼは視力の弱いテッポウエビに代わって天敵を発見し、テッポウエビに知らせて共に巣穴にもぐりこむ。」

とあります。

面白い生態ですね(^^)

これまではヒレナガネジリンボウは撮れても共生しているエビはなかなか姿を見せてくれなかったのですが、今回はせっせこ働くテッポウエビも撮ることができました。

※YouTubeの動画画面が切れて表示されているかと思いますが、気になる方は画面上で右クリック→Watch on YouTubeで別ウィンドウでご覧いただくか、コメントのページでご覧ください。



テッポウエビ. (2010, 5月 14). Wikipedia, . Retrieved 08:40, 6月 5, 2010 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%9D%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%93&oldid=32086812.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
海の中でもうまく共生共存しているんですね。
「だるまさんがころんだ」状態での撮影って…大変なんですね〜
ぶんぶん丸
2010/06/08 12:34
ぶんぶん丸さん、こんにちは!
海の中には色んな共生があるんですよね。。。中には切ない共生も。
鳥の撮影でもなるべく寄って撮りたいと思うのですが、水中でも全く同じですよね。脅かさないように逃がさないように、そろ〜り。。。
せれ坊
2010/06/08 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒレナガネジリンボウとテッポウエビの共生 おやじの気まぐれLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる